2つの女性のためのヨガクラス ☆武蔵境金曜日クラス 5月17日(金)体験会スタート!武蔵境駅南口徒歩1分のスタジオです ☆三鷹木曜日クラス会員募集中!さんさん館のヨガ、ご好評いただいています!☆日曜朝ヨガオンライン会員募集中 日曜朝も早く起きてヨガをしましょう♪月曜日からの1週間を快適に過ごせます 【ヨガクラス】のページをチェック! 

ヴァータドーシャとは?アーユルヴェーダの体質診断で人生にアーユルヴェーダを生かすコツを身につけよう

今日はアーユルヴェーダのドーシャの中のヴァータについて詳しく取り上げます

目次

ヴァータとはどんな性質?

ヴァータは風の性質です
宇宙ができた時に生じた5元素(パンチャマハーブータ)空、風、火、水、土の空と風の要素から構成されています
空と風の印象からわかるように軽く動きのある性質であり、2つの元素の割合でその活力が変化します。
軽性、冷性、動性、乾性、速性がヴァータの主な性質です。

どんな働きをするのか

私たちの体の中で、運動のエネルギーとして運搬や循環、思考、感覚機能、神経機能などの役割を果たしています
わかりやすく言うと、血液循環、リンパの流れ、呼吸、五感の情報伝達機能、排せつ、出産、心臓の動き、腸の蠕動運動など
体の動きや物を動かす働きはヴァータの役目です

心や体の性質として現れるヴァータの特徴


ヴァータが優勢な人の特徴は、行動や精神性に軽さや速さ、冷たさが心身の状態に表れます

ヴァータの特徴

運動神経が良い
行動が素早い
早口
骨格が小さく痩せ型
肌や髪が乾燥しやすい
手足がつめたい
お腹にガスがたまりやすい
食欲が不規則でこまめに食べる
創造力がある
好奇心旺盛
新しい環境に溶け込むのが早い
夕方に疲れが出る
気が変わりやすい
飽きっぽい
心配や不安になりやすい
忘れっぽい

ヴァータのアンバランスについて

ドーシャという言葉には「不純なもの」「増えやすいもの」「病気の素になるもの」という意味があります
そもそもドーシャはアンバランスになるものということです
生活習慣などが原因で自分の優勢なドーシャは増えやすく、増えることで未病と言われる不定愁訴(ちょっとした不調)の原因になり、悪化すると病気にもなります。

ヴァータがアンバランスになると

ヴァータのアンバランスは以下のような症状が特徴です

肌や髪の乾燥
眠りが浅く睡眠不足
腸の調子が悪く便秘と下痢を繰り返す
お腹にガスがたまりおならが多い
便秘がち
手足が冷たく冷えがある
頭痛、腹痛、筋肉の痛み、関節痛、痙攣などが起こる
夕方に疲労感が強くなり気が滅入る

今現在のドーシャの状態は生活習慣などが原因でアンバランスになっていることが多いので上記のような症状が出る可能性が高く、その状態を「ヴィクリティー」と言います。

自分を知り健康になるための体質診断


ドーシャカウンセリングでは「プラクリティー」という”生まれ持った性質+思春期くらいまでに定着したドーシャ”と
ヴィクリティーを比較し、ドーシャのバランスを元に戻すための方法をご提案します

私たちの体の中にはヴァータ、ピッタ、カパの3つのエネルギーがすべて存在し、そのバランスを認識して健康に役立てるのがドーシャ診断です。

本当の健康を目指すなら、まずは自分を知ることから始めましょう。
症状が出た時になぜその症状があるのか考え、自分を観察し、生活習慣で修正できるところを探してみましょう。
ドーシャの傾向を知ることは体調管理にとても役に立ち、ドーシャやアーユルヴェーダについて知れば知るほど納得がいき、自分を深く知ることができます。

ハーモニーのアーユルヴェーダ生活習慣&ドーシャカウンセリング@オンライン

45分のカウンセリングの中でプラクリティー、ヴィクリティーを調べ、改めるべき生活習慣や
取り入れるべき生活習慣を体のためだけでなく、心、そして精神面にも影響がある内容を
アーユルヴェーダとヨガの視点でお伝えしています
受講者の皆様からは「楽しかった」「自分のことがよくわかって目から鱗でした」などご感想をいただいています

 ドーシャを知るうえで大切なこと

ドーシャは私たちを構成する生命エネルギーであり、とても尊いものです
人間の「個性」にもドーシャが深くかかわってきますが、ただそれは3つのカテゴリーに分類するだけで
収まるものではありません
自分について深く知り、自分自身を輝かせるためにアーユルヴェーダやドーシャを用いるならば、それは他の人のためにもそうでなければならないと思います
そのためにも周りの人のドーシャ想像像してみる時に「決めつけないこと」「ドーシャを使って欠点を指摘しないこと」は大切です!




参考図書:新版インドの生命科学アーユルヴェーダ 上馬塲和夫・西川眞知子

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

LINEでお問い合わせ
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次